[PR]

 茨城県守谷市の常磐道で、男性があおり運転を受けた後に殴られて負傷した事件で、茨城県警が強要容疑で再逮捕した住居不定、会社役員宮崎文夫容疑者(43)について、水戸地検は25日、鑑定留置を始めたと発表した。専門家による精神鑑定で刑事責任能力の有無を調べる。期間は12月23日まで。

 宮崎容疑者は8月10日午前6時15分ごろ、守谷市大柏の守谷サービスエリア付近まで数キロにわたって、会社員男性(24)=茨城県阿見町=が運転する乗用車にあおり運転を繰り返し、停止する義務がないのに車を止めさせた疑いがある。傷害容疑については地検は処分保留としていた。