停電ゼロ、でも電気は来ない 「見捨てられた集落です」

有料会員記事

鶴信吾、福冨旅史、平井茂雄
[PR]

 台風15号の影響で大規模な停電が起きた千葉県内では、東京電力が「停電ゼロ」と発表した後も、電気の通っていない地域がある。高圧線から各家庭につなぐ引き込み線などが切れているためだ。電気の来ない被災者には先行きが見通せない不安がのしかかる。

 「見捨てられた集落というやつですよ」。鋸南(きょなん)町市井原の農業、森比佐之さん(42)宅は26日現在も停電が解消されていない。街中から車で約15分の山間部にある集落で、他にも数軒が停電したままだという。

 4年ほど前、妻と東京から移り住み、ネコ2匹と暮らす。夏みかんやスイセンの花を栽培し、近くの海でサーフィンを楽しむ。そんな生活が一変した。

 暴風雨で母屋の屋根はトタンがはがれて雨漏りし、農機具を入れる倉庫も屋根や壁がはがれ落ちた。街へ向かう道は倒木や土砂崩れで寸断され、集落ごと「孤立」した。

 電気と水が止まり、自宅脇に…

この記事は有料会員記事です。残り827文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら