[PR]

 プロ野球・巨人は25日、オフィシャルサプライヤー契約を結ぶスポーツ関連企業のドーム社から提供を受けているサプリメント1製品について、世界反ドーピング機関(WADA)指定の禁止物質3種類の成分が検出されたと同社から報告を受けたと発表した。検出量は微量で、ドーピング検査で陽性反応が出る可能性は極めて低いとの説明を受けたという。

 ドーム社の発表によると、禁止物質成分が検出されたのは鉄分などを補給するサプリメントで、6月に発売した「アイアンSP」。本来製品には含まれていない筋肉増強作用がある成分が検出されたという。同社は製品を回収し、混入した原因を調べる。また、ドーピング検査を受ける可能性があるアスリートに対し、今後の摂取を控えるように呼びかけている。

 球団が選手に聞き取り調査をしたところ、複数選手がこのサプリメントを摂取した記憶があると回答した。球団は今後専門機関に調査を依頼し、選手の体への影響について調べる方針という。