[PR]

 私はギャンブルは大嫌い、カジノも嫌い。それでも横浜にはカジノを含む統合型リゾート(IR)が必要だと考えています。

 理由の一つが、横浜市の財政見通しです。今年度の予算を見ると、歳入は1兆7600億円ほどで、うち市税が約8400億円と半分近い。その市税は個人市民税がおよそ4千億円で、法人市民税が600億円弱です。

 こうした財政状況の中、横浜の人口は、今年をピークに減少に転じる見通しです。高齢化も同時に進んでいくため、個人市民税は大きな減少が見込まれます。法人市民税も東京23区に比べると15分の1ほどに過ぎない。それなりの会社を1、2社誘致できても、収入を支える柱となるにはほど遠い状況です。

 横浜商工会議所はこうした状況…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら