[PR]

 階段の踊り場で顔を上に向けると、ギリシャ神話に出てくるアポロンの像が目に飛び込んできた。像の背後の白い壁は、長さ10センチ、深さ3センチほどえぐれている。銃弾が当たった跡だ。

 チュニジアの首都チュニスにある国立バルドー博物館。2015年3月、武装グループが襲撃し、日本人を含む外国人観光客ら22人が亡くなった現場だ。

 事件の爪痕は、ほかにもあった。2階の奥の壁に貼られたタイルが、何カ所も欠け落ちている。「館内の修理は最低限にとどめている」と職員は言った。所蔵品は被害を受けなかったという。

 博物館では、ローマ時代などの…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース