「あー、もう!」張栩名人の激しいぼやき 誤れば谷底に

有料会員記事

[PR]

 張栩(ちょうう)名人(39)に芝野虎丸八段(19)が挑む第44期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第4局が25日、兵庫県宝塚市の宝塚ホテルで始まった。

 ここまで挑戦者が2勝1敗で一歩リード。史上初の10代名人の誕生にあと1勝と迫るか。連覇を目指す名人が勝敗をタイに戻すか。シリーズは中盤の大きなヤマ場に差しかかった。対局は、持ち時間各8時間の2日制。挑戦者の先番で午前9時に始まり、26日夜までに決着する。立会人は坂口隆三九段。

【囲碁名人戦タイムライン】棋譜解説やプロ棋士による動画解説を交えながら、熱戦の様子をさかのぼれます。おやつや勝負メシなど、現地の話題も盛りだくさんでお伝えします。

消費時間は(17:30)

 1日目を終えた両者の消費時間は名人3時間38分、挑戦者3時間52分。早打ちで知られる挑戦者は今シリーズ、人が変わったように時間を使っている。第1、第3局は残り時間10分を切り秒読みになった。今回はどうか。

■村川大介十段の局面解説・封…

この記事は有料会員記事です。残り5919文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら