[PR]

 高齢の夫婦が東京都渋谷区の自宅で縛られ、約2千万円を奪われた事件で、警視庁は26日、20代の男4人を強盗致傷などの疑いで逮捕し、発表した。いずれも容疑を否認している。都内で1~2月、「アポ電」と呼ばれる不審な電話の後に高齢者宅に強盗が押し入った3件の事件はこれですべて立件された。

 逮捕されたのはいずれも職業不詳で、横浜市泉区中田西1丁目の佐藤翔太(24)、同区和泉町の渡辺優成(23)と岩崎達也(27)、神奈川県綾瀬市大上5丁目の三枝和也(25)の各容疑者。

 捜査1課によると、逮捕容疑は1月11日午前3時45分ごろ、渋谷区初台1丁目の住宅に押し入り、男性(93)と妻(87)の手足を縛るなどして「金を出せ」と脅し、現金約2千万円を強奪。この際、夫婦に骨折などのけがを負わせたというもの。夫婦宅には同9日に、息子を装い「取引でトラブルになった。いくら準備できるか」と尋ねる電話がかかってきていたという。

 これまでの2件の事件では、別の男ら4人が強盗致死罪などで起訴されている。