[PR]

 米アマゾンは25日、情報機器をつなぐ新たな通信規格「アマゾン・サイドウォーク」を発表した。携帯電話やWiFi、ブルートゥースなど既存の方式に比べ、低い消費電力で、中距離の通信ができるのが特徴という。

 インターネットを介してさまざまな機器がつながる「IoT」は次世代技術として注目されているが、ブルートゥースでは通信距離が短すぎ、携帯電話やWiFiは長い距離をカバーできる半面、コストがかかり、消費電力も大きいことが課題となってきた。

 アマゾンの新規格は、これらの中間的な技術で、900メガヘルツの通信帯域を使う。消費電力が少なく、1機器で500メートル~1・6キロまでの通信が可能という。同社は、通信の安全性も確保している、と説明している。

 同社のジェフ・ベゾス最高経営…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら