[PR]

 抗議デモが続く香港で、政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が26日、6月のデモ拡大後で初となる市民との対話集会を開いた。市民からは、警察のデモの制圧手法に違法性がないかを検証する独立調査委員会の設置を求める意見が相次いだが、林鄭氏は応じない考えを繰り返し、平行線で終わった。

 林鄭氏は集会の冒頭、「どんな困難があったとしても、直接対話を始めるべきだ」と訴え、民意に耳を傾ける姿勢をアピールした。今後も対話集会を続けて、信頼の回復を図る考えだが、混乱の早期収束につながるかは不透明だ。

 香港政府の説明では、対話集会には、約2万人の応募者から抽選で選んだ市民150人が出席した。市民の発言時間は1人3分までに制限。辞任を求める声が相次ぐなど林鄭氏に批判的な意見が目立った。

 一方、民主派はこれまで、同委…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら