拡大する写真・図版 健闘をたたえ合うイングランド(前列)と米国の選手たち=金居達朗撮影

[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は26日、1次リーグ2試合があり、B組はイタリアが48―7でカナダを下して2連勝。C組はイングランドが45―7で米国を退け、こちらも2連勝とした。

 「選手たちは頑張った。でも、全ての局面でイングランドに負けていた」

 強豪に実力を見せつけられての45失点の大敗に、かつて神戸製鋼を指揮したことがある米国のギャリー・ゴールド監督は淡々と語った。

 無理もない。米国は7大会に出場しながら一度も1次リーグを突破したことがない。W杯の勝利数は日本戦の2勝を含め、3勝にすぎない。大会にこそ出場しているものの、1次リーグ突破の争いの中で、これまで完全に蚊帳の外だった。

 米国のラグビー人気は4大スポーツなどの陰に隠れ、決して高くない。代表選手31人のうち29人は他のスポーツも並行してプレーしていた選手だ。ニュージーランド出身のCTBポール・ラシケは米プロフットボールNFLのベアーズでプレーした経験を持つ変わり種だ。「NFLのようなデカい舞台で、緊張感も興奮もある。W杯は楽しみだ」

■プロ化で将来…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら