[PR]

 東京都は26日、都内がインフルエンザの流行期に入ったと発表した。昨年より2カ月以上早く、この時期の流行期入りは異例という。なぜこの時期に流行が始まったかはわかっていないが、専門家は今季の流行のピークが早まる可能性もあるとみている。

 都によると、直近の1週間(16~22日)に都内419の医療機関から報告された患者数は1医療機関あたり1・06人で、流行入りの目安となる1人を超えた。例年の流行入りは11月下旬から12月初旬で、昨年は12月に入って1人を超えた。

 都内ほぼ全域で流行しているが、特に清瀬市や小平市など多摩地区の北部で流行が多い。インフルエンザの予防接種が始まるのは例年10月初旬からで、体に抵抗力がつくまで2週間ほどかかる。早期に流行が始まると、感染が拡大したり重症化する患者が増えたりする可能性もある。

 インフルエンザに詳しい、けいゆう病院(横浜市)の菅谷憲夫医師は「人口が1千万人を超え、人の往来も多い東京都でこの時期に1人を超えたことは影響が大きい。注意が必要だ」と話している。(三上元)