[PR]

 波打つ大海原に、釣り糸をくわえた巨大な鯛(たい)が跳びはねる――。ダイナミックな構図で、縦1・9メートル、横1・2メートルの大きな壁画3枚を制作。今月7日、石和温泉(山梨県笛吹市)のホテルにお目見えした。

 駿台甲府高校の美術デザイン科1年生。身長151・8センチの小柄な体で、「自分より大きな絵を初めて描きました」と笑顔を見せる。

 画面いっぱいに広がるのは様々な色合いの青。アクリル絵の具を使い、空や水平線、うねるような白波を描きわけた。

 特に苦心したのが高波や波しぶ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら