[PR]

 茂木敏充外相は26日午後(日本時間27日未明)、ニューヨークで就任後初めて韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談した。日本外務省によると、会談時間は予定の20分を超える約50分で、多くは通訳のみが同席して行われた。

 日本外務省によると、両氏は、元徴用工問題のほか、対韓輸出規制強化、韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA〈ジーソミア〉)の破棄決定などで、それぞれの立場を主張した。元徴用工問題について茂木氏は「解決に向けて外相間を含め外交当局間での意思疎通を継続していきたい」と主張。康氏は「茂木大臣とも良い対話を続けていきたい」と語ったが、平行線に終わった。

 一方、両氏とも未来志向の日韓関係の構築と北朝鮮問題をめぐる連携の重要性では一致した。今後も外交当局間の意思疎通を続けていく考えを確認した。

 茂木氏は会談後、「韓国が国際…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら