[PR]

 関西電力の役員ら6人が、関電高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役の男性=3月に90歳で死亡=から、計約1億8千万円の資金を受け取っていたことをめぐり、岩根茂樹社長が27日午前11時から記者会見する。同社が発表した。

 岩根社長、八木誠会長を含む6人は2017年までの7年間に男性から金銭などを受けとったとされる。関電は26日夜、「金品は一時的に各個人の管理下で、返却の機会をうかがいながら保管していたが、儀礼の範囲内のものなど以外はすでに返却した」と説明した。

 八木会長は27日朝、自身の現金の受け取りについて報道陣に問われ、「個人的なことについては一切答えない」とだけ答えた。