関空連絡橋のタンカー衝突、船長を書類送検 海上保安庁

有料会員記事

[PR]

 昨年9月の台風21号の強風で流されたタンカーが関西空港の連絡橋に衝突した事故で、海上保安庁の関西空港海上保安航空基地は27日、タンカー「宝運丸」の船長だった男性(41)=大分県由布市=を業務上過失往来危険容疑で大阪地検に書類送検した。

 事故では、連絡橋が破損して道路と鉄道が不通になり、関空の利用客ら約8千人が丸1日以上孤立。連絡橋の完全復旧には約7カ月かかった。

 事故を調べた国の運輸安全委…

この記事は有料会員記事です。残り446文字有料会員になると続きをお読みいただけます。