[PR]

 茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(48)とパート従業員の妻美和さん(50)が殺害された事件で、美和さんによる110番通報時、光則さんの声や争う様子が確認されていないことが捜査関係者への取材でわかった。県警は、美和さんより光則さんが先に襲われた可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者などによると、美和さんは23日午前0時40分ごろに「助けて」と110番通報。「痛い、痛い」と連呼し、1分ほどやり取りした後に電話が切れた。その後、警察官がかけ直したところ応答がなかったという。光則さんと美和さんは自宅2階の寝室にいたが、電話の音声からは光則さんの声は確認できなかった。

 美和さんは首を刺され失血死。一方、光則さんは首と胸を中心に刺され、肺にまで達する深い刺し傷が致命傷となった。

 また付近の住民から、「事件前、現場近くの路上で帽子をかぶりマスクをした男を目撃した」という内容の情報が県警に寄せられていることもわかった。襲われて重傷を負った中学1年の長男(13)が「帽子をかぶりマスクをつけた知らない男に襲われた」と話していることから、県警は犯人が事前に周辺を下見していた可能性もあるとみて調べている。