[PR]

 地図大手のゼンリン(北九州市)は、日本で開催中のラグビーワールドカップ(W杯)にちなんだグッズを売り出した。全国の試合会場周辺の地図をあしらったバンダナなどだ。W杯の公式ショップやゼンリンの通販サイトで販売している。

 住宅地図を加工し、試合会場を立体的に描いて赤や青を基調にポップなデザインに仕立ててある。A1サイズの「試合会場図」は税別2千円。全12会場とすべての対戦日程を盛り込んである。

 一方、試合会場ごとに12種類を用意したグッズもある。バンダナは2千円、クリアファイルとノートパッドは600円だ。(田幸香純)