JDIの経営再建、再び迷走 株主からは不満の声

有料会員記事

高橋諒子、小出大貴
[PR]

 経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は27日午前、東京都内で臨時株主総会を開いた。800億円の金融支援の枠組みから中国大手投資会社ハーベストグループが離脱するという通知を受けており、経営再建の先行きは再び不透明になっている。総会で金融支援の枠組みの維持に向けて新株発行などの議案は可決されたが、株主から先行きを懸念する声が相次いだ。

 JDIは、経営再建のため、中国のハーベストと香港の投資ファンドオアシス・マネジメントでつくる企業連合から800億円の金融支援を受ける計画だった。だが、26日夜になってハーベストが企業連合から離脱すると通知を受けたと発表。JDIはハーベスト以外からの出資も募るなどして金融支援の枠組みを維持したい考えだが、経営再建に向けた取り組みは再び迷走している。

 27日の臨時株主総会では、企業連合に割り当てる新株発行と取締役2人の選任議案を可決した。だが、株主からは「昨日ハーベストが離脱するなど無責任な経営のやり方で、会社を存続させられるのか」「きっちり交渉しているというが、そうは感じない」などと厳しい意見が飛んだ。

 企業連合との交渉は、これま…

この記事は有料会員記事です。残り166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら