[PR]

 関西電力の八木誠会長や岩根茂樹社長ら役員6人が、関電高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役から、計約1億8千万円の資金を受け取っていたことについて、菅原一秀経済産業相は27日の閣議後記者会見で、「事実だとすれば、極めて言語道断でゆゆしき事態。原子力の立地地域の信頼に関わる。事実関係の徹底解明をして経産省として厳正に処する」と述べた。経産省は同日中にも関電から事情を聴く方針。