[PR]

 港近くの空き地に二つ、小さな「家」が並んでいた。遠くからでも目を引く鮮やかな赤。ラタン(籐(とう))を編み込んでできている。

 インドネシアの作家夫妻は、島の民俗資料館にある2枚の古写真から着想を得た。地元の漁師が安全を願い、船の神棚に置く小さなお守り「ふなだまさん」。家の形をしたそれを両手に二つ乗せた写真と、いりこ漁の網を引く2艘(そう)の船が写っていた。

 作品も「ふなだまさん」のように、屋根をとがらせる。真っ赤な色は、島で見たお地蔵さんの前かけと同じだそう。

 別の向きからは、屋根の部分が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら