年収1千万円、でも途絶えた養育費 モラル頼みもう限界

有料記事ニュース4U

中塚久美子、吉川喬 長富由希子 板橋洋佳
[PR]

 子どもの養育費を受け取れない世帯を支援するため、踏み込んだ独自対策に乗り出す自治体が出てきた。貧困を防ぐため、親の給与を代行して差し押さえることなどを検討。親のモラル頼みの国の仕組みに限界があるためだ。養育費のない母子家庭は7割を超える。

 もっとも強い手段を検討するのは兵庫県明石市だ。養育費を払わない親の給与を代行して差し押さえたり、反則金を科したりする全国初の対策を打ち出した。支払い命令に応じない親の氏名公表まで検討。泉房穂(ふさほ)市長は力を込める。

 「行政として子どもの貧困を放置しない」

 養育費額を取り決めた裁判の…

この記事は有料記事です。残り3014文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

#ニュース4U

#ニュース4U

「#N4U」取材班が読者の皆さんから身近な疑問や困りごとを募集し、SNSで情報交換しながら深掘り取材します。[記事一覧へ]