[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に出場しているカナダ代表のキャンプ地となった山口県長門市で26日、チームの初戦をテレビ観戦で応援するイベントがあった。俵山公民館に周辺の住民ら50人ほどが集まり、声援を送った。

 試合は、カナダが冒頭からイタリアに激しく攻められる展開。集まった住民らは、手作りのカナダ国旗の小旗を手に「頑張れ」「耐えろ」と声をからした。

 後半にカナダがトライを奪うと会場は拍手と歓声に包まれたが、7―48で敗戦。市立俵山小3年の増野里奈さんは「負けちゃったけど全力で頑張ってくれたのでよかった。次もカナダを応援したいし、勝ってほしい」とエールを送っていた。

 カナダ代表チームは12~22日、同市の長門湯本温泉に滞在し、俵山多目的交流広場で練習をした。次戦は10月2日。大分市でニュージーランド代表と対戦する。(林国広)