ボーイング機墜落問題 米当局が「仕様に問題」初の見解

有料会員記事

米オハイオ州=江渕崇
[PR]

 米航空機大手ボーイングの最新鋭小型機「737MAX」が相次ぎ墜落した事故をめぐり、米国家運輸安全委員会(NTSB)は26日、緊急時にパイロットに過剰な負担を求める仕様が安全性を損なっていた、とする調査結果をまとめた。同型機の製造国である米国の当局が、事故の調査結果を公表したのは初めて。

 737MAXは昨年10月にインドネシアで、今年3月にエチオピアで墜落し、合わせて346人が死亡した。機体の傾きを自動制御するシステムが誤作動し、機首を下げすぎたことが事故につながった。パイロットはシステムの存在を知らされていなかった。

 NTSBは、二つの事故機の…

この記事は有料会員記事です。残り454文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら