[PR]

 ジェットスター・ジャパンは27日、前夜に一緒に飲酒していた男性機長2人から、乗務前の飲酒検査でそれぞれアルコールが検知されたと発表した。別のパイロットと交代したが、関西空港発着の4便が欠航し、10便が最大3時間以上遅れた。同社は2人の社内処分を検討している。

 ジェットスターによると、2人は50代と30代。2人の説明では、26日に同じ便で関空に移動後、午後5時半から空港近くの飲食店で食事をした。1人がビールの中ジョッキ1杯、もう1人が焼酎ロック1杯を飲んだ後、2人で日本酒を計8合飲んで午後8時半ごろにホテルに帰ったという。

 50代の機長は27日午前7時40分発、30代の機長は午前8時25分発の便に乗務するはずだったが、それぞれ呼気1リットルあたり最大0・14ミリグラムと最大0・19ミリグラムのアルコールが検出されたという。(贄川俊