日産次期トップ「興味はない」 報道でサントリー新浪氏

長橋亮文
[PR]

 日産自動車の後任社長選びをめぐり、候補者の1人として一部で報じられたサントリーホールディングス新浪剛史社長が27日、「日産から話はない。仮に候補であったならば大変光栄。現時点で興味はない」とのコメントを出し、日産社長となることに否定的な考えを示した。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルの電子版が26日、新浪氏や日産幹部らが日産の次期社長候補だと報じていた。

 新浪氏はローソン社長から2014年にサントリー社長に転身。サントリーは同年に米蒸留酒最大手ビーム(現ビームサントリー)を1・6兆円で買収し、新浪氏が統合事業やウイスキーの世界展開を主導している。新浪氏は27日のコメントで「まだサントリーのCEOとして数年かけてやるべきことがある」とした。

 日産ではカルロス・ゴーン前会長による不正問題を追及していた西川(さいかわ)広人社長兼CEO(最高経営責任者)自身の報酬不正問題が発覚。西川氏は今月16日に辞任し、後任選びが始まっている。日産は後任社長を10月末をめどに選ぶとしており、指名委員会は条件としてリーダーシップや自動車業界の知識などを挙げている。(長橋亮文)