登場人物は男性ばかり ウィキペディアにもっと女性を!

有料記事

栗林史子
[PR]

 インターネット上のフリー百科事典「ウィキペディア」で、女性による女性の記事を増やそうというイベント「WikiGap(ウィキギャップ)」が29日、東京都内のスウェーデン大使館で開かれた。すでに世界60カ国で開かれているが、日本では初めて。ウィキペディアの中でのジェンダーギャップ(男女格差)をなくすのがねらいだ。

 ウィキペディアは無料で閲覧できる百科事典。グーグルやユーチューブに次いで世界で5番目にアクセスが多いサイトで、記事はアカウントを作れば誰でも作成・編集することができる。

 ウィキペディアを運営するウィキメディア財団によると、全世界でウィキペディアの人物記事のうち、男性が8割を占めるのに対し、女性は2割。執筆者も90%は男性だと推定されている。

 日本版のウィキペディアでは女性の記事の割合が比較的多く、22・3%と世界で14番目。ただ、自身も長くウィキペディアの執筆を続ける武蔵大学の北村紗衣准教授によると、日本ではアダルトビデオの女優や声優など、男性目線での女性に関する記事は多いものの、女性の芸術家や科学者は少ないという。

 北村氏は「百科事典は本来…

この記事は有料記事です。残り1074文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。