エジプトで異例の2週連続デモ シーシ大統領の退陣要求

有料会員記事

カイロ=北川学
[PR]

 エジプトのカイロで27日、軍出身のシーシ大統領の退陣を求めるデモがあった。イスラム教の休日にあたる金曜日のデモは2週連続となる。小規模だが、強権化が進むシーシ政権下では極めて異例だ。

 ロイター通信などによると、カイロ中心部に近い地区で数百人が「シーシは出ていけ」と叫んだ。カイロでは20日にも、中心部タハリール広場の近くで数百人規模のデモがあった。

 呼びかけたのは、スペイン在住のエジプト人実業家ムハンマド・アリ氏。エジプト軍から15年間にわたって建設の仕事を請け負っていたといい、「大統領や軍は建設事業で国費を浪費している」などと訴える動画を9月以降、次々とインターネット上に投稿した。

 これに対し、シーシ氏は14…

この記事は有料会員記事です。残り232文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら