[PR]

 ネット通販大手アマゾンジャパンは28日、26日ごろからアプリで発生していたとみられる誤作動が解消したと発表した。「他人の氏名や住所、注文履歴などが表示される」という報告がネット上で相次いでいた。

 クレジットカード情報は見えていなかったという。誤作動が起きた原因や、どの会員の情報が見えていたかなど規模については調査中としている。問い合わせがあった会員には連絡をしているが、個人情報が漏れた会員への対応は調査が終了してから検討するという。

 広報担当者は「アマゾン内でのシステムの不具合で、不正アクセスなどではない」と話している。

 インターネット上では、26日午前9時ごろから、「知らない人の注文履歴が表示されている」「アプリを開いたら知らない人の名前が出てくる」といった利用者の声が相次いでいた。アマゾンジャパンはアプリの問題を「認識」しており調査中としていた。(栗林史子)