[PR]

 フリマアプリのメルカリは27日、創業者の山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)が同日付で社長に復帰したと発表した。山田氏が社長に復帰するのは2017年以来2年ぶり。スマートフォン決済「メルペイ」や米国事業などが課題となるなか、創業者のもとで成長に挑む。

 小泉文明社長は会長に就任する。小泉氏は7月に買収を発表したサッカーJ1の鹿島アントラーズの経営や、経団連など財界での活動を担当するという。

 メルカリは18年に東証マザーズに上場。メルペイや米国での新規事業への投資で赤字が続いている。本業のフリマアプリにも楽天が参入、ヤフーも参入を表明しており、競争が激しくなっている。