[PR]

(28日 ラグビーW杯 日本19―12アイルランド)

 日本の攻撃ラインに4人、アイルランドの防御は3人。球を持った瞬間、センター中村亮土は数的優位を悟った。「(人数が)余った」という仲間の声が聞こえていた。

 「意思疎通はできていた」。約4万8千人の大歓声の中でも、何度も練習してきた攻めは身に染みついていた。長短のパスがウィング福岡堅樹に渡る。後半18分、相手の堅守を破る逆転トライが生まれた。

 起点はスクラムだった。

 FW8人同士が押し合う力と力…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。