酒気帯び運転の疑い、消防出張所長を現行犯逮捕 沖縄

[PR]

 酒気帯び状態で車を運転したとして、沖縄県警宜野湾署は28日、宜野湾市野嵩2丁目、市消防本部真志喜出張所長の米須研二容疑者(50)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「居酒屋の駐車場に止めた車で休み、抜けたと思った」と話しているという。

 署によると、米須容疑者は28日午前11時半ごろ、宜野湾市内の市道で、酒気を帯びて軽ワゴン車を運転した疑いがある。道幅の狭い道を速度を上げて走っている車をパトカーが見つけ、注意するために止めたところ、アルコールの臭いがしたため検査。呼気から基準値を超えるアルコールが検出された。

 米須容疑者は居酒屋で飲んだ後、カラオケに行き、居酒屋の駐車場に止めた車内で休んで帰宅するところだった、と話しているという。

 宜野湾市消防本部の浜川秀雄消防長は「事実確認が取れ次第、消防本部としても厳正に対処したい。誠に遺憾であり、おわび申し上げます」とのコメントを出した。