[PR]

 ラグビーの第9回ワールドカップ(W杯)日本大会は28日、静岡・エコパスタジアム(袋井市)で、日本が1次リーグA組の2試合目に臨み、優勝候補のアイルランドを19―12で破った。通算10回目の対戦で初勝利で、前回大会で強豪の南アフリカに勝ったのに続く金星を挙げた。2連勝でA組首位に立ち、史上初の8強入りへ前進した。前日までアイルランドの世界ランクは2位、日本は9位だったが、この勝利によって日本のランクは過去最高の8位になった。

 日本は前半、2トライを奪われたが、田村優の3本のペナルティーゴール(PG)で食い下がった。後半も運動量は落ちず、3点を追う18分、途中出場の福岡堅樹のトライで逆転し、その後も追加点を挙げて逃げ切った。

 5チームずつ4組に分かれて総当たりの1次リーグは、各組上位2チームが決勝トーナメント(8強)へ進む。A組の日本は10月5日に愛知・豊田スタジアムでサモアと戦った後、同13日に横浜国際総合競技場でのスコットランド戦に向かう。