[PR]

 ラグビーワールドカップ(W杯)で28日、日本に12―19で敗れたアイルランド。格下の日本を相手にまさかの敗戦となった。試合終了間際、同点に追いつく可能性がありながら、自らの負けを確定させるプレーをした。なぜなのか。

 後半40分、どらの音が鳴り響き、ボールがラインの外に出るなど、プレーが途切れたら試合終了となる局面になった。得点差は7点。1トライ1ゴールを奪えば、同点に持ち込めた。

 アイルランドは日本からボールを奪い返し、攻撃に転じようとしているところだった。ところが、自陣のインゴールでボールを受けたSOジョーイ・カーベリーは粘ることなく、すぐにボールを外に蹴り出した。

 カーベリーは試合後、報道陣の取材に、その選択のわけを解説した。

 自身も最後の1プレーになるこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら