[PR]

 灼熱(しゃくねつ)の地・ドーハで行われている陸上の世界選手権。日本時間の29日朝に行われた男子50キロ競歩で、鈴木雄介選手(31)=富士通=が日本勢初となる金メダルを獲得した背景には、「チームジャパン」での周到な暑さ対策があった。

 スタート時、現地時間28日午後11時半の気温は31度、湿度74%。棄権者が続出した前日の女子マラソンより2度近く低いが、それでも蒸し風呂にいるような暑さだった。

 1周2キロを25周するコース…

この記事は有料会員記事です。残り654文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り654文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り654文字有料会員になると続きをお読みいただけます。