[PR]

 プロ野球のパ・リーグは29日、1試合が行われレギュラーシーズンが終わった。個人タイトルが確定し、首位打者は森(西)が初めて獲得。パで捕手が首位打者になったのは、1965年の野村克也(南海)以来54年ぶり。最優秀防御率に輝いた山本(オ)は、この日の最終戦で6回を投げて規定投球回に到達し、プロ3年目で初のタイトルを手にした。6球団で計約1170万人(前年比3・1%増)を動員し、リーグ最多を記録した。

パ・リーグの個人タイトル

首位打者 森(西)① .329

最多本塁打 山川(西)② 43

最多打点 中村(西)④ 123

最多安打 秋山(西)④ 179

最高出塁率 近藤(日)① .422

最多盗塁 金子侑(西)② 41

最優秀防御率 山本(オ)① 1.95

最多勝利 有原(日)① 15

勝率第1位 山岡(オ)① .765

最多奪三振 千賀(ソ)① 227

最多セーブ 松井(楽)① 38

最優秀中継ぎ 宮西(日)③ 44

丸数字は獲得回数。勝率第1位は13勝以上が対象。最優秀中継ぎはホールドポイント(ホールド+救援勝利)