[PR]

 (29日、国体高校野球 智弁和歌山3―1星稜)

 ノーブルスタジアム水戸(水戸市)に響いたのは乾いた打球音だった。29日、国体の高校野球(硬式)の開幕戦で、今夏の甲子園で延長14回を戦った星稜(石川)と智弁和歌山が再戦。両チームとも金属製バットではなく、木製バットの使用を申し合わせて試合に臨んだ。

 提案したのは智弁和歌山の中谷仁(じん)監督(40)だ。組み合わせが決まった後、星稜の林和成監督(44)に電話し、「木製を使わせて頂けないでしょうか」と持ちかけたという。プロや大学でプレーを続ける3年生の今後を考慮してのことといい、中谷監督は「大きな全国大会で(木製を使うことで)課題を探せるという狙いもあった」と説明する。「非常にいいんじゃないか、と。こちらも使うことにした」と林監督も賛同した。

 今夏の全国選手権屈指の好勝負の再現ということもあり、第1試合には約1万人が詰めかけ、一部入場規制も敷かれた。長打こそ二塁打2本だけだったが、智弁和歌山には11安打、星稜には8安打が出た。「長打は少なかったが、お互い安打が出て、いい試合が出来た」と林監督。中谷監督も「いい試合になったのでは」と語った。(竹田竜世)