[PR]

真壁伸弥の目

 開幕のロシア戦だけを見たら、アイルランドに勝つのは難しいかもと思っていた。日本のキック処理があまりにも悪かったからだ。実際、アイルランド戦も前半にキックパスから2トライを許すなど「空中戦」ではやられていた。

 ただ、相手は思ったほどキックを使ってこなかった。結果、互いに攻撃の継続にこだわって我慢比べの様相になった。勝因は、そこでの日本FWの頑張りに尽きる。密集の攻防、いわば「地上戦」で、日本はしっかり球を保持した。アイルランドは日本の圧力に屈し、反則を犯した。

 この4年間、「ティア1」と呼ばれる伝統の強豪チームとの対戦を経験し、フィジカル面ではアイルランドと互角だと予想していた。それを結果で証明してくれた。

 スクラムもしかり。アイルラン…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら