[PR]

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は、日本代表が強豪アイルランドを破る歴史的な勝利を得たとあって、各地で盛り上がりを見せている。埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場では29日、同会場で2試合目となるジョージア対ウルグアイ戦が行われ、大勢の観客が集まった。

 日曜日の午後に行われた試合で、会場は、24日の1試合目より2千人以上多い2万4895人の観客でほぼ満員となった。

 この日は、24日に熊谷市内の中学生が観戦したのに続き、同市内の小学生約5千人が「教育プログラム」の一環として訪れた。児童は、双方の国の国旗を模した手製うちわを手に試合前のセレモニーで国歌を歌い、試合が始まると「ジョージア」「ウルグアイ」と精いっぱいの大声で声援を送っていた。

 深谷市や鴻巣市の小中学生らが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら