[PR]

 山梨県道志村の椿荘(つばきそう)オートキャンプ場で9月21日から行方不明になっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲(おぐらみさき)さん(7)について、県警は30日、写真を公開した。事件に巻き込まれた可能性も否定できないとして公開を依頼した両親は、キャンプ場で取材に応じ、情報提供を呼びかけた。

 捜索を続けている母親のとも子さん(36)は、「私があの時、ちゃんと一緒について行ってあげていたらと、悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれないほど後悔しています」と声を振り絞った。

 美咲さんと同じ気持ちになろうと、美咲さんがいなくなったときと同じ服装で過ごしてきたといい、「暗くて寒くて不安で、すごく怖いだろうなと思うと涙が止まりませんでした」と話し、捜索について「たくさんの方々にご協力いただき、心から感謝しています」と語った。

 父親の雅(まさし)さん(37)も「ひとりで怖くて、どんなに心細いかと考えると、かわいそうでかわいそうで胸が張り裂けそうです」と声を震わせた。

 県警によると、美咲さんはとも子さんや姉、友人ら約30人と2泊3日の予定で訪れ、21日午後3時40分ごろ、先に遊びに行った友人を追いかけてテントを出たまま行方がわかっていない。警察や消防、自衛隊が1日最大約300人態勢で急斜面や沢、空き家を捜索し、村内で聞き込みも続けてきた。30日までの10日間に延べ約1400人が投入されたが手がかりはない。

 美咲さんは身長約125センチ。黒色の長袖Tシャツにジーンズ姿で、緑色のスニーカーをはいていた。情報は大月署(0554・22・0110)へ。(玉木祥子)