[PR]

 夫との関係がうまくいっていない母親は、男の赤ちゃんとよく話す。そんな研究結果を英ケンブリッジ大のチームがまとめ、米国の家族心理学誌に発表した。

 グループは、夫婦関係の質と親子の会話の関係を調べるため、生後7カ月くらいの赤ちゃんがいる93組の夫婦を対象に調査した。

 まず夫婦間の対立や満足度、互いの支援など、さまざまな指標で夫婦関係の質を評価。その後、赤ちゃんに小型レコーダーをつけてもらい、週末など両親と赤ちゃんが一緒に家で過ごす典型的な日の会話を録音してもらった。

 赤ちゃんに対する言葉や会話の頻度を分析すると、夫婦関係の質が低い母親ほど赤ちゃんに多く話しかけていた。さらに、その傾向は男の赤ちゃんのみでみられた。

 今回は会話の内容までは分析し…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら