【動画】見ごろを迎えている草紅葉=張春穎撮影
[PR]

 群馬、福島、新潟の県境に広がる尾瀬ケ原や、尾瀬沼近くの大江湿原で、湿原を黄金色に染める草(くさ)紅葉(もみじ)が見頃を迎えている。

 9月下旬に訪れると、湿原のヌマガヤは茶色に、キンコウカはオレンジ色へと色づき、多くのハイカーが秋の訪れを楽しんでいた。尾瀬のメイン玄関口・鳩待峠から西に向かって尾根に出ると、眼下の尾瀬ケ原全体が薄い茶色に見え、途中のオヤマ沢田代の草紅葉は夕日を浴びて輝いていた。

 尾瀬の自然保護を考える会・解説ガイドの杉原勇逸(ゆういつ)さんによると、秋の深まりとともに草紅葉はさらに色が濃くなり、尾瀬を代表する日本百名山の至仏山と燧(ひうち)ケ岳も山頂から湿原に向かって色づき、尾瀬全体が紅葉していくという。

 杉原さんは「自然が生きている様を強く感じる季節。一瞬一瞬が素晴らしい」と話す。(張春穎)