[PR]

 金沢市を中心に活動する「劇団 新人類人猿」が、宮沢賢治の詩をモチーフにした演劇に取り組んでいる。詩集「春と修羅」の「序」から言葉を引きつつ、極力セリフを排してゆっくりした動きで見せる。相次ぐ災害の被災者に思いを寄せ、災害の記憶を風化させないという強い思いを込めた舞台だ。

 公演のタイトルは「人や銀河や修羅や海胆(うに)は」。難解さで知られる、「春と修羅」の「序」に登場する一節だ。劇には「あるひは修羅の十億年」「あらゆる透明な幽霊の複合体」など、「序」の中の言葉がちりばめられている。

 劇団設立は1986年。団員は社会人が中心で、わかりやすいストーリーや言葉に頼らない独自の身体表現を追求してきた。2011年~13年には東日本大震災に伴う福島第一原発の事故をテーマにした「制御不能」を上演。17年から「春と修羅」の「序」をモチーフにした舞台に取り組む。

 団員は「序」やほかの詩を読み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら