[PR]

 日本代表の快進撃に沸くラグビーワールドカップ(W杯)。試合会場となる12の施設のうち9施設で、和式便器の洋式化や温水洗浄便座の取り付けといったトイレの改修が行われた。世界中から訪れる観戦客に日本のトイレのよさを知ってもらう絶好のチャンスだと、日本のトイレメーカーも意気込んでいる。

 「ラグビーの聖地」ともいわれる大阪府東大阪市の花園ラグビー場。計4試合が予定されており、開催に向けて計72億6千万円をかけて大規模改修を行った。

 スタンドの座席や照明、音響に加えて、全面的に変えたのがトイレだった。

 設計段階から、専門のTOTO(北九州市)の担当者が関わったという。

 観客用の約6割が和式だった大便器を全て洋式に変え、温水洗浄便座「ウォシュレット」を付けた。

時短に的…「体感を」

 混雑緩和を狙った工夫も重ねた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら