写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 40代後半から近くのものが見えにくくなり、50代の今では、老眼鏡がないとスマホの画面の小さな文字は、ちゃんと読めなくなった。もともと強い近視なのでコンタクトレンズや眼鏡も手放せない。

 以前から40歳以上になると緑内障のリスクも心配する必要があると聞かされていたこともあり、一度ちゃんとチェックしようと、今年から眼科ドックを始めた「バリューHRビルクリニック」(東京都渋谷区)で検査を体験させてもらった。視力検査などのほか、眼球の状況を撮影する眼底検査や、機器の前に座って小さな光が見えるか確認する視野検査などを受けた。検査にかかった時間は40分ほどだった。

 少し緊張しながら、検査結果の説明を医師から聞いた。視神経などに異常は認められず安心した。ただ、視野検査で気になる点があることを説明され、念のため別の医療機関で再受診することを決めた。

 緑内障は、眼球の中の圧力であ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら