[PR]

 前節湘南戦の17分、ヘナト・アウグスト選手が負傷のため、無念の途中交代となった。ピッチを後にする際、トレーナーに支えられながら人目をはばからず涙する姿を見せた。リーグ戦も残り少ない中、残留争いの直接対決となる重要な一戦だっただけに、自身へのふがいなさやチームへの申し訳なさからの涙だったに違いない。

 ヘナト選手は今季、プラジルのSEパルメイラスから加入した。ポジションは中盤の要となるボランチ。シーズン当初はチームにフィットするのに時間を要したが、リーグ5戦目で途中出場を果たすと、以降はけがで戦列を離れた以外はスタメンを勝ち取っている。

 185センチの体格を生かしたハードなコンタクトプレーが持ち味。それに加え、好機と見るやパワフルにゴール前に顔を出し、シュートまで持ち込むプレーも得意とする。24節川崎戦ではその特徴を見せた。自陣で相手パスをカットすると、そのままスピードに乗せてゴールに向かって走り出し、リターンパスを受けてシュートを放った。一時は逆転となるゴールはまさに圧巻だった。

 ピッチ内では常に100%の力…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも