[PR]

 中国・マカオ特別行政区の企業が、「青森」の名称を商標出願していることがわかり、青森県は9月17日付でマカオ経済局に異議を申し立てたと、30日に発表した。県がマカオ経済局へ商標出願の異議を申し立てるのは初めてという。

 県によると、「青森」は今年5月30日にマカオ経済局に登録申請され、7月17日から公告された。農林水産省から今回の商標出願についての情報提供があったのは8月13日。マカオでは異議申し立ての期間は公告から2カ月と決められているため、県が異議申し立ての準備を進めてきた。

 マカオの企業の出願目的はわかっていないが、商品の分類は加工食品や調味料などだった。今後県内の企業が商品を輸出しようとして不利益を被る可能性があることから、今回異議を申し立てたという。

 また、県は中国、香港、台湾の3地域で商標登録している「青森の正直 JAPAN QUALITY AOMORI」を、マカオでも9月17日付で商標出願した。(板倉大地)