[PR]

 かつては中流家庭の象徴だった専業主婦。経済の低迷により給料が下がるなどして共働きが増えると、「勝ち組」などと称されるようになった。だが一方で、「貧困専業主婦」と呼ばれる人たちもいるという。新たな格差問題につながると指摘する周燕飛さんに聞いてみた。「貧しくても専業主婦」の何が問題なのですか?

 ――「貧困専業主婦」とは、耳慣れない言葉です。

 「私が名付けたのですが、状況は様々です。5人家族で世帯年収170万円の女性の場合、中学卒業後、パートとして短期間働くことを繰り返し、出産後、専業主婦になりました。必要な食料や衣類を買えないことがよくあるといい、働きたいという意思はあるものの、子どもが保育園に入れず、就労をあきらめていました。世帯年収260万円の女性は、障害や病気がある2人の子どもの世話に加え、自身もうつ傾向が強く、働きたくても働けない状況でした」

 「一方、自ら専業主婦を選ぶ人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら