[PR]

 自民党の武井俊輔衆院議員(宮崎1区)の私設秘書の男性(23)が乗用車を飲酒運転し、警視庁の車に衝突する事故を起こしていたことが、同庁への取材でわかった。道路交通法違反(酒気帯び運転)や自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)などの疑いで、同庁が任意で事情を聴いている。

 築地署によると、男性秘書は29日午前8時10分ごろ、東京都千代田区内で乗用車を運転していた際、前方を走っていた警視庁の警部補が運転する軽ワゴン車に追突。警部補は首に軽いけがをした。男性秘書の呼気からは1リットルあたり0・44ミリグラムのアルコールが検出された。

 事故当時、武井氏は同乗していなかった。男性秘書は、任意の調べに「29日未明まで知人と酒を飲んだ。その後に議員を羽田空港に送り、都心に戻ったところだった」と説明しているという。

 武井氏は「車内では全く(酒気帯び状態に)気付かなかった」とし、「範を示すべき立場の代議士の事務所の職員としてあるまじき行為であるとともに、被害者の方に深くおわび申し上げます」とコメントした。