【動画】初参加の王将戦挑戦者決定リーグ戦で、初戦を白星で飾った藤井聡太七段=村瀬信也撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が30日、第69期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦で三浦弘行九段(45)に135手で勝った。三浦九段は名人挑戦権を争うA級順位戦に所属する実力者。藤井七段は史上最年少でのタイトル挑戦を懸けたリーグの初戦を白星で飾り、「いいスタートが切れた。大変な強敵ばかりなので、気を引き締めてやっていきたい」と話した。

 藤井七段は予選を勝ち抜き、王将リーグに初参加。同リーグは7人による総当たりで、7日に豊島将之名人(29)とリーグ2戦目を戦う。

 今期の他の参加者は、広瀬章人竜王(32)、羽生善治九段(49)、久保利明九段(44)、糸谷哲郎八段(30)。タイトル保持者とA級棋士で占められており、藤井七段にとっては試金石となる。優勝者は渡辺明王将(35)に挑戦する。(村瀬信也