• アピタル

がん、尿漏れ…「いとおしいよね」宮本亞門は受け入れた

有料会員記事

聞き手・山内深紗子
[PR]

 がん体験は命の勲章。後遺症の尿漏れも、受け入れています――。今年5月に前立腺がんの手術を受けた演出家の宮本亞門さん(61)は、経験を明るく語ります。その思いをうかがいました。

     ◇

 〈みやもと・あもん〉 1958年、東京生まれ。ミュージカルからオペラ、歌舞伎まで幅広く舞台の演出を手がける。2004年、ミュージカル「太平洋序曲」で日本人演出家として初めてブロードウェーに進出。代表作は「金閣寺」、オペラ「魔笛」。今年9月、宮本亜門から宮本亞門に改名。

きっかけはテレビの健康番組

 今年5月、前立腺がんの手術を受けました。排尿や生殖機能に影響が出る可能性があるがんで、ステージは2と3の間。ありがたいことに手術はうまくいき、退院後、これまで以上に精力的に仕事をしています。

 術後の後遺症で、ずっと尿漏…

この記事は有料会員記事です。残り3672文字有料会員になると続きをお読みいただけます。